美容の知恵

炊飯器で米麹を使った甘酒の作り方!手作り甘酒でキレイを保つ知恵

「飲む点滴」と話題になった甘酒

スーパーにはいろんな種類の甘酒が並んでいますが、私は母から伝授された米麹を使ったレシピで手作り

自宅で作るとものすごく安上がり。そして何よりもいいことは「無添加」ですからね。

甘酒の作り方には、米麹を発酵させる方法と、酒粕を溶かして砂糖を加える方法がありますが、母レシピは乾燥米麹を使用し炊飯器で作っています。

料理が好きなわけではないので最初は面倒に感じましたが、慣れると実に簡単。私は毎朝、豆乳プロテインに甘酒をちょい足しして飲んでいます。


米麹と酒粕の違い

米麹で作る甘酒は、米に麹菌を繁殖させて仕上がりますので、お米に含まれるでんぷんによる柔らかなほんのりとした甘みが特徴。

作る過程で発酵するので、発酵食品と言えます。

一方、酒粕で作る甘酒は、日本酒を作ったときにできる酒粕に水と砂糖を加えて作るため、強い甘みとアルコールの香りが特徴になります。

炊飯器で米麹を使った「甘酒」作り方

  • 米1合 米をといで炊飯器の「おかゆ」の目盛まで水を加え30分ほど置く

炊飯器に「おかゆ」目盛りがない場合は、4カップの水を加えてください。

  • 炊き上がったら40分ほど放置

米麹は温度が高すぎると死滅してしまうため、発酵しやすい温度までおかゆを冷ますためです。

おかゆとして炊き上がった状態

  • ここに乾燥米麹200gを投入

乾燥米麹を投入した様子

乾燥米麹をおかゆに投入して混ぜたところ

  • 炊飯器のふたを開け保温

その際、キッチンペーパーを蓋の替わりにし、途中何回か混ぜて5-6時間置きます。ここで発酵させています。

このような姿で保温

仕上がりはとろみはあるけど粒が残っている感じ。これで完成。
なめると甘くなっています。

私がいつも使っているのは、白雪印の米麹ですが、乾燥米麹なら何でもOK。

お米1合に対して200gなら同じ仕上がりになるはずです。白雪印の米麹にしているのは、国産米を使用しているから。1袋300円以下で買えます。

袋の裏にも作り方が書いてあります。冷蔵庫で保存して7-10日と書いてありますが、私は余裕で1か月ほど使っています。でも、今まで特に問題はありませんっ。

手作り甘酒でキレイを保つ知恵

甘酒は、ビタミンB類、葉酸、食物繊維、システイン、アルギニン、アミノ酸等、多くの栄養素を含みます。ビタミンB2は、皮膚を活性化してくれる女性にとって嬉しい効果が期待できる物質。

麹酸はメラニン色素の生成を抑制する働きがあるらしいので、シミ対策にも有効。

そもそも米麹で作った甘酒は、発酵食品なので腸内環境を整えるためにもいいため、便秘気味の方にもおススメです。

女性にとって甘酒は、「キレイ」を保つ嬉しい要素がたくさん詰まっていますので、是非試してみてください。

手作り甘酒のまとめ

炊飯器で発酵させて作るので、意外と時間がかかるため、ご飯を炊く時間にかかってしまうとアウト!まあ、その時は鍋でご飯炊けばいいだけの話しですけどね。

飲むだけじゃなくて、自家製ドレッシングに少し入れるとほんのりした甘みがプラスされて美味しいです。この方法なら小さなお子さんでもOKですしね。

我が家の大人の子供にもやってみましたが、全く気付かず食べていました。

慣れればすごく簡単なので、是非トライしてみてください。

飲み方についても朝がいいのか?夜の方がいいのか?効果を考えてみましたので、「甘酒の飲み方に知恵を絞る!あさイチ派?寝る前派?で効果が違う」こちらを参考にしてくださいね。