スポーツジムファーストステップ

最終更新日: 2020.02.29

筋トレをしよう!目的や個性に合わせてジムを選ぶポイントをまとめてみた

「そうだ!筋トレしよう!」と思い立ったとします。

自宅での自重トレーニングやダンベルを使ったトレーニング等、方法はいろいろありますが、ジムで行う場合の筋トレに絞り、目的別または個性に合わせて選ぶポイントをまとめてみました。

どれを選んだとしてもメリット&デメリットはありますが、ホントは行ってみなくちゃわからないこともたくさんあります。

あれこれ悩んでいるより、まずは行動を起こすことが大事。筋トレは体だけでなく、心も強くします。

レッツドゥーイット!

その1、とにかく筋肉を鍛えたい

「筋肉を鍛えたい」
「結果を早く出したい」
「食生活も含めて見直したい」

という人におすすめなのはパーソナルトレーニング。

「こういう体になりたい」「ここを絞りたい」「ここに筋肉をつけたい」などのリクエストをすると、それに合わせた種目と負荷で、トレーナーがメニューを組み立ててくれます。

パーソナルトレーニングは、それを専門としているパーソナルジムと、スポーツジムで提供しているパーソナルトレーニングがあります。

パーソナルトレーニングは多少高額になりますが、その人にあったトレーニングメニューを作成し、マンツーマンで指導をしてくれるので結果が出るのが早い。

筋肉を育てるための食事指導もしてくれるます。

スポーツジムにあるパーソナルトレーニングだと、1回30分3,000円(税別)ほどで受けられます。

筋トレの正しい姿勢や、自分が筋肉をつけたい部位に有効なトレーニング方法の指導をしてもらって、あとはマシンやダンベル等を使ってセルフトレーニング、というのもひとつの方法です。

メリット&デメリット
パーソナルトレーニングの最大のメリットは、自分に合わせたメニューで指導してもらえること。
デメリットは、やや費用がかかること。

完全パーソナルではないけど、女性専用のフォルツァフィットネススタジオGRANでは、少人数制のパーソナルレッスンを行っています。

マンツーマンより月にかかる費用は安いけど、トレーナーによる指導もあるのでトレーニング初心者でも安心。

その2、楽しく筋トレしたい!

そこまでストイックに考えてはいないけど
「楽しく筋トレをしたい」
「音楽と共に体を動かしたい」
「ひとりは苦手」

という人には、スポーツジムで行っている「バーベルエクササイズ」がおススメ。

アメリカ発祥のMossaプログラム「グループパワー」
ニュージーランド発祥のLes Mills「ボディパンプ」
アルゼンチン発祥のラディカルフィットネス「ラディカルパワー」

ジムによってどのプログラムを導入しているかにで名称が異なりますが、内容は変わりません。動画は「Mossaグループパワー」

音楽に合わせ、バーベルやマットを使用して行う筋肉トレーニングになっています。グループレッスンなので、インストラクターの動きを真似て下半身、上半身前、上半身後ろ、腕肩、お腹などを鍛えていきます。

Mossaのグループパワーだと、30分、45分、60分のクラスがあり、30分だと「下半身・胸・背中・お腹」、45分になるとお腹の前にもう1回「下半身」がプラスされ、60分だと「腕・肩」がプラスされます。

スポーツジムの筋トレエリアは、比較的男性が多いし、女性は黙々とストイックに筋トレするのは苦手な方が多いと思うんですね。

だけど、楽しく筋肉も鍛えたいしなぁと考えている方にはぴったりです。

バーベルの重さは自分で判断して選びますが、重さより姿勢の正しさの方が大事なので、最初は軽めからスタートすることをおススメします。

筋トレは正しい姿勢で行わないと効かせたい筋肉にアプローチできないため、余裕があれば、まずはジムのパーソナルトレーニングで正しい姿勢を指導してもらってからバーベルエクササイズに参加すると、効果的に鍛えることができます。

メリット&デメリット
音楽に合わせて動く楽しさと、効率よく全身の筋トレができること。
デメリットは、正しい姿勢でできているかの確認をしてもらえないこと。

その3、とにかく黙々とやりたい

「初心者だけどパーソナルトレーニングを受けるのは抵抗がある」
「なるべく安く通いたい」
「人と関わりたくない」

という方には、マシントレーニングに特化した24時間ジムがおススメ。

フリーウエイトコーナー、有酸素運動マシン、ストレッチエリアもあり、自分でメニューを組み立てて黙々とトレーニングに没頭できます。

マシンの使い方がわからない場合はスタッフに教えてもらって、最初はとにかく正しい使い方をしっかり把握しましょう。

ジムによって多少置いてあるマシンに違いはあっても、全身くまなく鍛えられる設備は整っています。

メリット&デメリット
自分のペースで人と関わらずにトレーニングできること。
デメリットは、マシンやダンベル等の負荷を自分で把握すべきこと。

筋トレは奥が深い

筋トレは「姿勢」が命と言っても過言ではありません。

正しい姿勢で行えていないと、効かせたい筋肉にアプローチできてないじゃん!ってことになっちまうわけで、いくらやっても効果が出なくてがっかり・・と言うことにもなりかねない。

そうすると、効果が出ないどころか、ケガにもつながりかねません。

スクワットは、腰を落としたときにつま先から膝が出ちゃNGなんだけど、バーベルエクササイズのようなグループレッスンではインストラクターからの指導はありません。

私は正しい姿勢を習得するために、パーソナルトレーニングを受け、バーベルエクササイズの主な種目の姿勢チェックをしてもらい、今はグループパワーに参加しています。

グループパワーのようなグループレッスンでは、自分で重さを判断し、ひとつの筋トレを行う回数も多めですが、筋肉を育てるための筋トレは、やっと8-10回できるくらいの重さに設定します。

そのため、回数を多くこなそうと思うと負荷は軽めにしなくちゃならず、そうすると効き目は薄くなります。

8-10回やっとできる重さに設定しちゃうと回数はこなせませんが、パーソナルトレーニングのようなマンツーマンレッスンなら、最大限の負荷をかけてトレーニングを行うことが可能になります。

セットの間にとる休憩も大事なので、パーソナルトレーニングだとそのあたりのこともきっちりトレーナーが管理してくれます。

まとめ

スポーツジムに入会した当時は、バーベルでの筋トレなんて全く興味がなかったのに、筋トレの奥深さを知ると俄然面白くなります。

最初は、とにかく正しい姿勢でできるようになることが大事。

しっかりと筋トレした直後に鏡を見ると、筋肉中の血液やリンパ液が増加したことによりちょっと筋肉が大きくなるため「むふふ」と思えたりします。

何はともあれ、とにかく始めることが肝心。想像しているだけじゃ、筋肉は育ちませんから。

健闘を祈っています。

ピックアップ記事

  1. 東京の高級ホテル宿泊で利用できるラグジュアリーなフィットネスジム12選
  2. 全国のカルドでホットピラティスが受けられるスタジオ一覧とレッスン内容まとめ
  3. パーソナルトレーニングジムは高いけど通えば必ず結果が出るしリバウンドも怖くない

It’s New

おすすめ!

  1. ボクシング系

    キックボクシング大阪編|女性が気軽に通えるグループレッスンのあるジム8選
  2. ボクシング系

    音楽と共に楽しむ女性向きボクササイズ&キックボクシング東京編10選
  3. パーソナルトレーニングジム

    パーソナルボクシングジム横浜・東京2か月コース比較|ダイエットにおすすめ!
  4. ピラティス

    全国のロイブでホットピラティスが受けられるスタジオはここ!常温とホットで効果は違…
  5. ピラティス

    全国のカルドでホットピラティスが受けられるスタジオ一覧とレッスン内容まとめ
PAGE TOP